トラブル回避

新緑

トラブルを起こさないために

都市部や首都圏は人口密度が極めて高いためにマンションやアパートが住居形態の基本になっています。庭付きの一軒家などは都市部や首都圏には珍しく、市街地や更にその外れに行かないとありません。そのような住宅事情のために都市部では家庭菜園などを行なうことが難しくなっています。 都市部では市民農園と言うものが人気を集めています。市民農園とは自治体や企業が農地を区画整理してそれを貸出すと言うサービスです。都市部では予約待ちが起きるほど人気です。しかし、アマチュアの人や独学で栽培をしている人が多くトラブルが起きやすいのが現状です。トラブルを起こさないためには農地を放置して病原虫を発生させたりせず、農薬を散布するときは管理している人や周りの人に了解を取るなど、周りに配慮することが重要です。

市民農園の目的に合った選び方

市民農園にも様々なタイプがあるので利用者は自分の目的や能力に合わせて市民農園を選ぶことが大切です。ある程度野菜などの栽培経験があり、殆どのことを自分でやりたい人は自治体などが貸出している市民農園がお勧めです。自治体が貸出している場合は殆どが最低限の農具と最低限の管理人しかいないので全くの素人には難しいですが、経験者であれば余計なサービスなどもなく利用料金も安いので利用しやすいのです。 一方、企業が運営している市民農園は素人にとっては非常に利用しやすいというメリットがあります。経験豊かなプロの方が丁寧にアドバイスや指導をしてくれるので不安に思うことなく栽培ができます。また、農具も全て揃っているので毎回手ぶらで行くことが出来るのです。 自身の能力によって選ぶことでよりよい栽培を行なうことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加